なかなか伝わらない残業の辛さを伝えること。

最初は、残業も全くなく、土日休みも確約されていると上司から聞き、入職しました。

入った初日に、シフトを確認すると、残業が月に40時間は必ず超えるものでした。

話が違うと思いましたが、40時間は自分の能力で減らせるとの説明を受け、半年勤めましたが、とても1人で行う業務ではなく、40時間さえ、超過していました。人員の不足を理由にされましたが、身体的に限界がありました。

最初に確認した内容とは違っていたため、その条件に近い、他の部署に異動できるよう労務担当部署に相談しました。また、身体的に限界だったため、有給を、使い休んだりしていました。しかし、どうしても同じ場所で頑張って欲しいと説得され、聞き入れてもらえない日が続きました。そのため、退職の意思を示し、これ以上は残業できないと毎日上司にかけあいました。なかなか気持ちが伝わるまで時間がかかりましたが、最後は退職するよりも、他の部署にとゆうことになりました。

自分の意思をしっかりと、上司に伝えることが必要だと思います。なかなか認められず、辛かったのですが、粘るのことで、異動してよかったと思います。