相手が出てこない

離婚をしてみてここまで離婚が大変だとは思いませんでした。

よく結婚の何倍もエネルギーがいると言われていますが本当だなと思います。

お金がなかったのですが、大事なことなので、加古川市で離婚に強い弁護士をつけました。

なので離婚を進めていくことに不安はありませんでした。

私が離婚で大変だったのは相手が調停に全く出廷してくれなかった事でした。

調停は前もって日にちが分かります。

なので休みも取れるんです。

それにも関わらず当日は必ずドタキャン。

全ての調停をドタキャンされたため話にならないと裁判に移行して行きました。

裁判になっても来るのは調停の終盤でつけた弁護士だけ。

本人は全く来ず。

さらに証拠まで全て間違っていると否定。

一体何年かかるんだ?と思ったほどでした。

離婚が決まるまでは本当に大変でしたが親権、養育費、慰謝料はあっさり決まりました。

前の主人の給料が安すぎたため慰謝料なしの養育費のみと。

私も慰謝料は無理だと思っていたので、ただただあっさり決まったことに安堵しました。

離婚は凄く大変でしたが、この大変さをもう少し頑張って浮気相手にも慰謝料請求すれば良かったかなと思いました。

そこまでの気力はなく早く別れたいと思っての離婚だったため相手の情報まで集めませんでしたが集めれば良かったかなと少し後悔しています。

離婚して自分がしたいように生きれる

離婚をすると、嫌なことや後悔をすることがあると言いますが良いこともかなりあります。お金のことで苦労をすることもありますが、そんなことよりも自由になれた嬉しさんがあるのでとてもいいです。しかし実際に離婚する時は結婚の10倍くらい大変でした。わたしはたつの市の離婚専門弁護士に相談し、実際に離婚することができました。

夫がいる時には、夫の機嫌を見ながら動くことがありました。それはちょっとした事でも、機嫌を損ねてしまうからです。そのため、機嫌が悪くなることをしたくないので、自然と夫と合わせるようになりました。しかしそんな事では、ストレスが溜まる一方です。限界を感じたので、離婚をすることが出きてよかったと思っています。

特に飲み会の時に、自由に何も束縛されることなく楽しめるのはいいですね。そのことは、結婚をして一度もしたことがありませんでした。離婚をしてから、堂々と楽しめることが増えました。自分がビクビクしながら生きることがないので、その点では明るくなったと思っています。

離婚をしたほうが、明るくなるというのはやっぱり離婚をして正解でした。

財産分与をどうするか

父が他界したときのことです。 我が家はごく普通のサラリーマン家庭で、多くの財産があったわけではありません。また、父も、喪主はどうしてほしい、とか、葬儀はこうしてほしい、とか、遺影はこれ、とかの要望は、元気なころに発言していましたが、財産については、どうしてほしい、ということは何一つ言い残していませんでした。そういったことから、法律にのっとって処理をすればよいのでしょうけど、今後の生活について不安に思っている母の顔を見ると、私たち姉妹は相続を放棄しよう、ということになりました。

そこで、普通ならば、どうすればよいのか、皆目わからないので、弁護士さんなどにご相談をするべきことでしょうけど、大した財産もないから、自分たちでできるのではないか、と考え、いろいろと調べながら、書類を作成しました。

作成した書類は何度か母が法務局に出向き、指導をいただき、修正をして、という作業は必要でしたし、少々父の生まれが複雑で、婿養子であったことや、母も、家庭が複雑だったことから、書類は多く必要にはなりましたが、なんとか自分たちで処理をすることができました。

私たちの場合、母は時間的余裕がありましたので、なんども法務局に足を運ぶこともできましたし、たいした財産もなかったので、弁護士さんに依頼することなく、自分たちでできましたが、もう少し複雑になると、私たちの手にはおえなかったのではないか、と思っています。

相続発生の前にしておきたい相続税対策

相続が発生して遺産を受け取る事になりましたが、姫路市で相続相談をしたところ、相続税を支払う必要がありました。せっかく相続したのに受け取れる遺産が少なくなってしまうと気分が悪くなるものです。相続が発生する前に相続税対策をしておけば良かったと考えています。そこでしておきたいと感じた相続税対策を紹介していきましょう。

・贈与を活用する

相続が発生した時に遺産を受け取ると相続税が発生しますが、贈与を活用すれば対策する事が出来ます。年間110万円までの贈与なら非課税になるので相続税を少なくする事も出来ます。相続が発生する前に1年後とに贈与という形で遺産を少しずつ受け取った方がいいです。

・小規模宅地の特例を活用する

相続が発生した時に不動産を受け取る事も多いでしょう。不動産は資産価値が高いので相続税も高くなってしまいます。しかし小規模宅地の特例を活用すれば不動産の土地の評価額を80%低くする事が出来るので相続税を少なくする事が出来ます。不動産を相続する事になる場合は活用したい制度なるのでしっかり覚えておく必要があります。

親が熟年離婚をしました

60代になった母が離婚したいと父に申し出ました。父は断固拒否しましたが、母は強く離婚を希望しておりました。姫路市の離婚に強い弁護士に相談し、慰謝料を支払って離婚が成立しました。

私が子供の頃から夫婦仲はもうすでに冷え切っていたので、あまり父も家には帰宅しませんでしたし、けっこう出張が多い仕事なので帰宅することもなく、ほとんど外泊が多い日常生活でした。

そして母が60歳になった頃、母は離婚して自由になりたいと言い出しました。最初は信じられず困りましたが、コツコツと自分で貯金しながら離婚を考えていたようでした。父はかなり身勝手なタイプなので、母も随分と苦労してきており、熟慮の末に離婚を決めたようでした。60代になって父が退職すると、いつも自宅にいるようになり、そのことでさらに強いストレスを感じ離婚を決意したのだと母のことが理解できます。

父は小言も多いですし、母も精神的にとても辛かったのでしょう。

熟年離婚をした両親。

私の両親は世間で言う、熟年離婚をしました。私と妹が既に成人になってからの離婚でしたので、両親(特に母)は私たちの学校の事などを配慮して、本当はもっと早く離婚をしたいと思っていた筈だと思うのですが、我慢してくれたのだと思います。

両親の場合は完全に母親が離婚をしたかったのですが、父親に関しては母から離婚の話を切り出され時はとても驚いていました。
まさか母親が離婚を考えいたなんて事は夢にも思っていなかったそうです。

母親は何年も前から計画性を持っていたので、姫路の離婚に詳しい弁護士さん等にも介入をしてもらいました。
父親は最初は離婚を受ける事は出来ませんでしたが、結果的に母親の気持ちを重視しくてれて、ほぼ母親有利な離婚をする流れで進みました。

私たちは既に成人もしていましたし、どちらに付くこともありませんでしたが、性と籍はそのまま父方に妹と残りました。退職金の半分と預貯金も半分は母親の手に渡りました。
一応円満解決でしたが、離婚をするって本当に大変なんだと痛感しました。

パワハラが嫌になり派遣先を変えました

派遣社員としてテスト評価・検証作業の仕事をしていました。職場はけっこう男性が多いので、基本はサバサバした感じですが、かなり業績も悪化してきたようで、職場内の雰囲気はピリピリしているのがじわりじわりと伝わってきました。そして、派遣社員も減らされる傾向にあり、色々と調整されるようになりました。やはり男性の方が残業もできるし、女性はどうしても嫌がられるような傾向にあったので、かなり雰囲気もダークな感じになったのを身近に感じるようになりました。そして女性は子供のお迎えがあるから残業できないし、使えない!など、パワハラな言葉を聞こえるようにわざと言いますし、かなり職場内の雰囲気は最愛なものになりました。なので、派遣元に相談して、派遣先を変えてもらえないか話し、契約更新時期には契約も終了することになったので、派遣先を変えてもらいました。職場内はピリピリしてストレスもたまっていたので、かなり快適にすごせます!

サービス残業、そしてパワハラ

私は以前、改修工事系の監督業務を行う会社に勤めておりました。あまりにもひどい就労環境だったので、誰かに相談したいとおもうこともしばしばでした。会社経営者側であれば、所在地である兵庫県の顧問弁護士に相談すればいいのだとおもいますが、一社員としては誰に相談していいかさっぱりわかりませんでした。

その会社では、平日残業は当たり前、休日出勤することも多かったです。入社当時は、30時間までは残業代、休日出勤代が出ておりましたので、月に100時間近く残業、休日出勤することは当たり前でしたが、何とか我慢していました。しかし、一年目、二年目、三年目と、年数が上がれば上がるほど、昇給はしているものの、ボーナスカットが多くなりました。なお、私が仕事が出来る出来ない以前に、会社全体で一様にカットされておりました。

基本給が少なく、ボーナスを多く出す会社でしたので、私含め、皆さん我慢しているようでした。さらには、月100時間近い残業はそのままで、さらなる残業カットで、30時間から10時間へカットされました。
ボーナスカット、残業代カット、基本給は少ないと、最悪の状況に追い打ちをかけるように、異動先の上司のパワハラがありました。
上の人間にはヘラヘラ、下の人間には、必要なことでさえも、あからさまに無視。
私は最終的に、どなりつけて辞めましたが、あんな上司の元で今も働いている人がいると思うと可哀そうでなりません。

勤怠管理システムっていったい

私が勤めていた会社での勤怠管理の話です。姫路の労働問題に詳しい弁護士に相談すべきだったと今になって思います。
私が勤めていた会社の勤怠管理の状況は勤怠管理システムを導入して管理されていました。その勤怠管理システムはすべて自分で手打ちするタイプのものでありました。基本の使用方法は朝出勤した時に出勤時間を入力し、夜帰る時に退勤時間を入力するというものでした。もちろんしっかり正しく入力が行われていることが前提となっているため、手打ちが可能となっていました。しかし実際使用していは方法というのは、一ヶ月分の勤怠を定時で入力するというものでした。もちろん自発的にそうしていたわけではなく、上司から残業しているように見えるのは部署としてマイナスにとられるので良くないという話があり、そのようにするようになっていきました。そのため、実際には残業時間として月に数時間行っており、残業代ももらえていたはずなのに、しっかり定時で帰っているという扱いになっており、当然残業代ももらえませんでした。勤怠管理システムって役に立つものなのか常に疑問を持ち続けていました。

離婚をしてから夢に見た生活を

結婚生活8年後、姫路の法律事務所に依頼して離婚を選択しました。

結婚生活自体、義理の家族との問題でも嫌な気分になることが多く、元夫も定職につかない時期が長いくせにお酒をよく飲みに行って、私は子育てと本当に経済的に精神的にもストレスが多かったです。

特に元夫は一度キレると手のつけようがないほど暴れて、暴言を吐くのでその度に心に傷をつくっては一人で我慢していました。

普段はたまに冗談を言い合ったりしていた事もあったのですが、元夫の借金や浮気が発覚して急速に心が離れていきました。

勇気を出して離婚を選択し、家や生活基盤等、失ったものも沢山あるけど、それ以上に得たものが多いです。

まず誰からも支配されたり、暴言を吐かれない、自分の好きな時に友達と会って自由な時間を過ごす生活。

一見当たり前のようで私にとっては夢のような穏やかな生活が送れるとは離婚を踏み切った私の勇気に今でも本当に感謝しています。

今ではささやかな事に幸せを感じられるようになったので、毎日が本当にじんわりとした幸せに包まれています。