自分たちで、でも、なんとか処理ができました

 父が他界したときのことです。

 我が家はごく普通のサラリーマン家庭で、多くの財産があったわけではありません。また、父も、喪主はどうしてほしい、とか、葬儀はこうしてほしい、とか、遺影はこれ、とかの要望は、元気なころに発言していましたが、財産については、どうしてほしい、ということは何一つ言い残していませんでした。そういったことから、法律にのっとって処理をすればよいのでしょうけど、今後の生活について不安に思っている母の顔を見ると、私たち姉妹は相続を放棄しよう、ということになりました。

 そこで、普通ならば、どうすればよいのか、皆目わからないので、弁護士さんなどにご相談をするべきことでしょうけど、大した財産もないから、自分たちでできるのではないか、と考え、いろいろと調べながら、書類を作成しました。

 作成した書類は何度か母が法務局に出向き、指導をいただき、修正をして、という作業は必要でしたし、少々父の生まれが複雑で、婿養子であったことや、母も、家庭が複雑だったことから、書類は多く必要にはなりましたが、なんとか自分たちで処理をすることができました。

 私たちの場合、母は時間的余裕がありましたので、なんども法務局に足を運ぶこともできましたし、たいした財産もなかったので、弁護士さんに依頼することなく、自分たちでできましたが、もう少し複雑になると、私たちの手にはおえなかったのではないか、と思っています。

相続発生の前にしておきたい相続税対策

相続が発生して遺産を受け取る事になりましたが、相続税を支払う必要がありました。せっかく相続したのに受け取れる遺産が少なくなってしまうと気分が悪くなるものです。相続が発生する前に相続税対策をしておけば良かったと考えています。そこでしておきたいと感じた相続税対策を紹介していきましょう。

・贈与を活用する

相続が発生した時に遺産を受け取ると相続税が発生しますが、贈与を活用すれば対策する事が出来ます。年間110万円までの贈与なら非課税になるので相続税を少なくする事も出来ます。相続が発生する前に1年後とに贈与という形で遺産を少しずつ受け取った方がいいです。

・小規模宅地の特例を活用する

相続が発生した時に不動産を受け取る事も多いでしょう。不動産は資産価値が高いので相続税も高くなってしまいます。しかし小規模宅地の特例を活用すれば不動産の土地の評価額を80%低くする事が出来るので相続税を少なくする事が出来ます。不動産を相続する事になる場合は活用したい制度なるのでしっかり覚えておく必要があります。

パワハラが嫌になり派遣先を変えました

派遣社員としてテスト評価・検証作業の仕事をしていました。職場はけっこう男性が多いので、基本はサバサバした感じですが、かなり業績も悪化してきたようで、職場内の雰囲気はピリピリしているのがじわりじわりと伝わってきました。そして、派遣社員も減らされる傾向にあり、色々と調整されるようになりました。やはり男性の方が残業もできるし、女性はどうしても嫌がられるような傾向にあったので、かなり雰囲気もダークな感じになったのを身近に感じるようになりました。そして女性は子供のお迎えがあるから残業できないし、使えない!など、パワハラな言葉を聞こえるようにわざと言いますし、かなり職場内の雰囲気は最愛なものになりました。なので、派遣元に相談して、派遣先を変えてもらえないか話し、契約更新時期には契約も終了することになったので、派遣先を変えてもらいました。職場内はピリピリしてストレスもたまっていたので、かなり快適にすごせます!

サービス残業、そしてパワハラ

私は以前、改修工事系の監督業務を行う会社に勤めておりましたが、
そちらの会社では、平日残業は当たり前、休日出勤することも多かったです。
入社当時は、30時間までは残業代、休日出勤代が出ておりましたので、
月に100時間近く残業、休日出勤することは当たり前でしたが、何とか我慢していました。
しかし、一年目、二年目、三年目と、年数が上がれば上がるほど、
昇給はしているものの、ボーナスカットが多くなりました。
なお、私が仕事が出来る出来ない以前に、会社全体で一様にカットされておりました。
基本給が少なく、ボーナスを多く出す会社でしたので、
私含め、皆さん我慢しているようでした。
さらには、月100時間近い残業はそのままで、さらなる残業カットで、
30時間から10時間へカットされました。
ボーナスカット、残業代カット、基本給は少ないと、最悪の状況に追い打ちをかけるように、
異動先の上司のパワハラがありました。
上の人間にはヘラヘラ、下の人間には、必要なことでさえも、あからさまに無視。
最終的には、どなりつけて辞めましたが、あんな上司の元で今も働いている人がいると思うと、
胸が痛くなります。

勤怠管理システムっていったい

私が勤めていた会社での勤怠管理の話です。姫路の労働問題に詳しい弁護士に相談すべきだったと今になって思います。
私が勤めていた会社の勤怠管理の状況は勤怠管理システムを導入して管理されていました。その勤怠管理システムはすべて自分で手打ちするタイプのものでありました。基本の使用方法は朝出勤した時に出勤時間を入力し、夜帰る時に退勤時間を入力するというものでした。もちろんしっかり正しく入力が行われていることが前提となっているため、手打ちが可能となっていました。しかし実際使用していは方法というのは、一ヶ月分の勤怠を定時で入力するというものでした。もちろん自発的にそうしていたわけではなく、上司から残業しているように見えるのは部署としてマイナスにとられるので良くないという話があり、そのようにするようになっていきました。そのため、実際には残業時間として月に数時間行っており、残業代ももらえていたはずなのに、しっかり定時で帰っているという扱いになっており、当然残業代ももらえませんでした。勤怠管理システムって役に立つものなのか常に疑問を持ち続けていました。

残業代をきちんと払ってもらえなかった会社

私が務めていた会社は、残業時間を会社ぐるみで操作していました。もっと早くに姫路の弁護士に相談しておくべきでした。
実際にしている残業は、固定のサービス残業のような形で、全員一律2時間以上行っています。しかし、月末の勤務申請をするときの報告書には実際の半分以下の残業時間を書くように指示されます。
指示内容が社歴や役職に合わせて一人ずつ紙で回ってくるので、その通りに書かないと上長からの判子がもらえません。
一度30分間違えて提出したのですが、「多めにつけているから」と差し戻されました。

こうして本当の残業時間よりも3分の1程度の残業代しかもらえないことが当たり前のように起こっていました。
営業成績が悪い時には、朝も2時間近く早く出社させられ、夜も3時間以上の残業が当たり前になっていました。
それについてはもちろん「営業成績が悪いから、お前らが悪い」という理由で残業代は払ってもらえません。土日出勤、終電ギリギリまで働いたこともありますが、それも残業代はもちろんいただけませんでした。

少ない役職手当で休日返上残業

家の主人の会社の話しです。本気で労務問題に強い兵庫の弁護士に相談しようかと思ったくらいひどい会社でした。
主人は45歳。役職手当を頂いていますが正直なところそれ程多くはもらっていません。
しかし役職手当をもらう事=残業代なし。つまり少ない役職手当をもらっているため、いくら残業しても時間報酬は無いのです。
ですので極端な話、入社したばかりの社員が毎日残業したら、お給料は新入社員さんの方が高くなってしまうのです。
会社側もできるだけ給料は払いたくないので役職でない社員の残業にはとても厳しいのに、役職には休日も出てくるように圧力をかけます。
そんな会社に嫌気がさした社員が毎年数人辞めていくのですが、ほとんど職員の補充は無し。現場責任を取らされるようなかたちになってしまいます。
現場側も、辞めていく人でさえも「あの仕事量をあの人数でこなすのは無理です。人員の補充をしてください。」と訴えているにもかかわらず補充は無し。
先日夫が「本部で俺が(忙しすぎて)倒れるんじゃないかって話題になったんだって。」と言われたそうです。

新たなブラック企業の形

ブラック企業といえば、違法行為をしていると思いがちです。労務トラブルがあっても法律に触れるか触れないかと微妙で最近は、どんどん巧妙になっています。例えば、追い出し部屋とか不当な転勤や部署移動並びに仕事を与えないというやり方で本人を精神的に追い詰めるやり方が、主流になっています。また、逆に、無理なノルマや仕事量を与えて、オーバーワークにさせたり、どうして仕事がこなせないのかと劣等感を植え付けたりします。未払いの残業代、法令を超える残業時間、明らかなセクハラやパワハラ等は、ワンマン経営の小さい会社なら未だにありますが、ある程度の規模の会社では、印象悪化もあるため、絶対にそのような事をしません。社員のためではなく、勿論会社のためです。人によって、仕事の捗り具合は違いますが、異常な量の仕事を与えれば、肉体を壊すか精神を壊すか仕事が完了せず困るかという結末になります。逆に、明らかに人員が少ない部署の管理職や賃金が低く魅力のない職場では、誰が管理職になっても、部署を改善することは難しいでしょう。正社員ではなく、非正規社員においても、契約期間内を待たずに首にするため、不当な部署移動や就業シフトカット等が、現在行われています。これも巧妙なブラック企業の新たな形です。労働組合に頼るか裁判を起こすかという対策を行う必要がありますが、その費用や労力を考えれば、争わずに他の会社へ就職するというような形であまり表にはなっていないようです。

労働時間も残業時間も会社都合のブラック企業

私が務めていた会社は、 労務管理が悪く残業時間がめちゃくちゃでした。
面接を受けたときには、土曜出勤は時々あると聞いていましたが、月末になると必ず土曜出勤をしなければならない状態でした。持ち回りで休めるとも聞いていましたが、入ったばっかりだからという理由で、私は何年経っても休ませてもらえませんでした。しかも、その土曜日の出勤分はお給料は出ていません。

また、残業に関しても、残業代はきちんと払われていませんでした。
月末になると会社から残業時間の見本表が一人一人に配られます。それをもとに書き写す作業をすることになっていました。つまり、実際の残業は明らかにもっと多くしているのに、会社が指定した時間分だけを記入するという形をとっていました。実際には全員固定で19:00以降までいなくてはいけない空気なのに、記入するのは17:30まででした。

そして、毎日の始業は9:00からなのですが、8:30から当たり前のようにミーティングが行われていました。
結果的には毎日2時間以上の残業が課せられているのに、会社全体でなかったようにする風習があるブラック企業でした。

パワハラをする女性上司の下で働きました

以前、働いていた会社で、女性の上司からパワハラを受けました。
この姫路の企業には労務相談の窓口もありませんでした。
上司の物言いは柔らかいのですが、自分の意見に逆らう部下に対しては厳しく、パワハラ行為も普通にしてきます。
仕事の進行には絶対に必要な情報を、パワハラ中の部下には絶対に教えないように仕向ける事もあります。
そして、今から準備しても絶対に間に合わないようなタイミングで情報を与えて、あわてて準備をする様子を楽しんでいるような人です。
またいう事を聞く部下は甘やかし、逆らう部下を大切なプロジェクトから外す事もあります。
いつも笑顔なので、配属された頃はいい人なのかと思っていたのですが、すぐに「パワハラ上司」だと気づきました。
私も必要な情報を教えられなかったり、得意なスキルを生かせるプロジェクトから外された経験があります。
この上司は取締役の娘でしたので、多少のミスをしても今のポストから外される事はありません。
自分が辞めるしかないと思って転職をしました。