誰にも相談できなくて大変だった就労時間

私は以前アパレル関係の仕事についていました。新入社員として入ってきた私は他の企業で働いた経験がなかったので、正しい事と悪い事がわからないまま仕事をしていました。入社したての頃は残業せずに勤務時間を守って働くことができたのですが、お店の売り上げが伸びるにつれて、残業を強いられることが多くなってきました。

 

例えば朝早番で7時から仕事が始まったとしても、夜帰るのが11時で、寝るのが12時過ぎになっても、次の日も同じく早番で出勤して残業することが多くなっていきました。そして入社して2年目からは、仕事ができる私だけを残して、他の人は定時で帰ることができても、私だけは許されませんでした。責任感を感じてその生活を続けていたのですが、私の上司は1度も手伝いにきたり、状況を確認することがありませんでした。

 

あなたしかいないなどと言われて、働き続けるしかありませんでした。最終的に私は体調を崩してしまい、仕事を続けることができなくなってしまったのでやめることになりましたが、毎日のように長時間労働で飲み物を飲むこともできず大変でした。労務問題で相談できる窓口も知りませんでした。